[INFORMATION]

2020/10/10  ピオニエーレ通信を公開しました。

[10月のイベントとマルシェの出店のお知らせ]

■ TAMAGAWA GREEN MARKET ■
10/10(土)、11(日) 玉川高島屋アレーナホール 11:00~17:00
「旬のおいしさ、見える、感じる、ふれあえる」がテーマのにぎやかなマーケットです。

■ ヒルズマルシェ ■
10/24(土) アークヒルズカラヤン広場 10:00~14:00開催
春から休止が続いていましたが、少しずつ元に戻ってきました。
土にこだわる農家直送の青果が中心です。

定番の南イタリアプーリア産コールドプレス製法のエクストラバージン・オリーブオイルとバルサミコ酢、要町Cafe香麦荘の国産小麦・天然酵母のベーグルを販売します。

[生産者のご紹介]

Martina Franca – カロリ農園 – Puglia

プーリア州はイタリアの南東部、ブーツの形のかかとに当たる地域で、地中海の恵み豊かな地です。
東のアドリア海、南のイオニア海の風が平野部の内陸深くまで届き、オリーブ、ぶどう、小麦や野菜など農産物の豊かな実りを育みます。

列車に乗っても車に乗っても、どこまで行っても広がるオリーブ畑が地平線を描き、心癒されるのどかな風景が続きます。
オリーブの生産はイタリア随一で、国内生産量の50%以上を占める最大の産地です。代表的な品種は、オリオローラ、コラティーナ、レッチーノ、フラントイオなどの良質種です。
高品質の証である原産地保護呼称DOPや、有機栽培法BIOの認証を得たこだわりの生産農園も多く存在します。
代々続く家族経営の農家が多く、伝統手法を守りながら最新の製法にも力を注いでいます。
そうした農家に宿泊して自然を楽しむアグリ・ツーリズモも盛んで、南イタリアらしいスローライフを楽しむには最適です。

また、世界遺産のアルベロベッロ周辺から広がるイトリアの谷には、おとぎ話のようなとんがり屋根に白い壁の伝統家屋トゥルッリが立ち並び、住居やホテル、農作業小屋として修理を重ねながら大切に使われています。
このような恵まれた地で1920年に創業したカロリ・ファミリー(社名:プーリア・アリメンターレ社)は、マルティナ・フランカ近郊の農園に8000本のオリーブ樹を擁しています。

土壌はアルカリ質の陶土と砂地からなり、気候風土も併せオリーブ栽培には大変適した環境です。
創業者の技術と志を受け継いだ現社長のステファノ・カロリ(Stefano Caroli)は自らオリーブのでき具合を確かめ、良い状態の果実だけを一番良いタイミングで丁寧に収穫します。その後、時間を置かずに自社工場で搾油を行い搾りたての鮮度を保ちます。

カロリファミリー

小規模ファミリー経営ならではの目の生き届いた生産管理が、フレッシュでフルーティーな上質のエクストラバージン・オリーブオイルを作り上げます。
地元プーリアの原産種にこだわり、そのおいしさと風味を十分に引き出すことへの情熱は、創業以来変わることはありません。その実力は国内外のオリーブオイル品評会や著名なグルメ専門誌でも高く評価され、数々の賞を受賞しています。

また、プーリア・アリメンターレ社は1980年代にイタリア北部ピエモンテ州で設立されたスローフード協会の正式会員でもあります。毎年発行のスローフード協会が推薦する伝統のある質の高いオリーブオイルメーカーとして機関誌にも掲載されています。
スローフード協会とは、その土地の伝統的な食文化や食材を守り教え、支える理念を掲げる団体です。イタリア国内だけでなく、世界各国に会員のいる国際規模の組織です。美味しくて安全な食品や食材に関心を向け、次世代に伝えて行く活動をしています。

BLOG

サイトをリニューアル中です。

久しぶりのサイト構築でちょっともたついています。 台風14号の行方が心配です。風台風が苦手です。去年は西側のサンシェードが風ではずれて、夜中にびしょ濡れになりながら応急処置しました。

[オンラインショップのご案内]

南イタリア産コールドプレスのフレッシュなエクストラバージンオリーブオイルとモデナ産コストパフォーマンスの高いバルサミコ酢を販売しています。
只今準備中です。2020/10/20よりご利用いただけます。

OLIVE OIL & BALSAMICO ピオニエーレ